震災をきっかけに出版された全63巻の文学全集のこと

<第1章 文芸家ポートレイト/文学賞事始>

---1 “円本”登場 文芸家をキャラ化

①―――改造社発 関東大震災が生んだ“円本”  飾られる文芸家のポートレイト

 

大正生まれの文芸評論家・奥野健男は、文学少女であったという母親が女子大生のとき、芥川龍之介のブロマイドを飾っていたと記している。

 

奥野は、文芸家の顔が広く知られていくきっかけとして、大正から昭和へと年号が切り替わる丁度そのとき、改造社が刊行した『現代日本文学全集』(全63巻/1926-31)を挙げている。

 

『現代日本文学全集』は、1冊1円、月1冊の配本をコンセプトにした全集だった。

小説は1冊2~10円だった時代、1冊に多くの作品を収め1円で発売。“円本”と称された。

“円本”という俗称は、当時市内1円で走っていたタクシー“円タク”に由来する。

 

具体的な刊行へ至ったのは、日本最大級の災害被害をもたらした関東大震災があった(1923)。

火災によって多くのものが失われたが、本も燃えた。

そこで、庶民のために安く本を提供したいという思いから、『現代日本文学全集』は企画された。

 

改造社の編集者・藤川靖夫が発案し、社長の山本実彦が決断する。

春秋社の編集者で、「明治文化研究会」(1924年吉野作造組織)のメンバーの一人でもあった木村毅が、チャールズ・W・エリオット(ハーバード大学学長)編纂『ハーバード・クラシックス』(全51巻/1909)を参考に編集した。

 

日本大学卒業後、新聞記者~新聞社社長となった山本率いる新興の出版社・改造社(1919年創業)は、創業の年、総合雑誌『改造』を創刊。

キリスト教社会運動家賀川豊彦による、神戸のスラム街での救済活動を描いた自伝的な連載小説「死線を越えて」(1920)が最初のヒットとなる。

改造社初となったこの単行本は、賀川が労働騒動によって投獄され、新聞で大きく取り上げられたことが売り上げにつながった。

改造社は、こうして運営を軌道に乗せていた。

 

『現代日本文学全集』では、文学を、富裕層や知識階級といった一部のものではなく、庶民にも手が届くことが目指された。

当時、大学令と第二次高等学校令の施行による学校の増加(1919)、『大阪毎日新聞』は他紙に先駆けて100万部を突破(1921)するなど、知識を欲する大衆層は急速に広がっていた。

 

『現代日本文学全集』の告知パンフレット「内容見本」には、次のように書かれる。

 

各巻共に著書、作者の肖像、筆蹟、書斎等を写真版として巻頭に飾り、居ながら各作家に親炙することが出来るように用意してあります。

 

“親炙”とは、人物に親しんで影響を受けるといった意味になる。

写真版(網目凸版)が国内で実用化以降(1890)、写真は新聞や雑誌に使われるようになっていたが、このセールストークから、『現代日本文学全集』刊行開始時期(1926-31)、作者の生活、作者の顔に関心が持たれていたことが伺える。

 

それ以前には、芥川龍之介の顔は新聞・雑誌などを通して知られていなかったため、『講談倶楽部』(1911-62/大日本雄辯會*現・講談社)に本人を名乗る人物から電話を受け、駅前で直接原稿を受け取った”ニセ芥川事件”も起こっていたが(1919)、大きな変化が起こっていた。

 

 

*原典:

私家版『文芸メディア発展史~文芸家/写真家/編集者の追いかけっこ~』(2016年9月発行)

*主な参考資料:

朝日新聞社『文士の肖像110人』(1990/朝日新聞社

松原一枝『改造社と山本実彦』(2000/南方新社

犬塚孝明・濵﨑望・荒田邦子・古閑章『新薩摩学5 雑誌『改造』とその周辺』(2007/南方新社

『現代日本文学全集』(1926-31/改造社

紀田順一郎『内容見本にみる出版昭和史』(1992/本の雑誌社) 

岡田貞三郎『大衆文芸夜話』(1971/青蛙房

 

f:id:miyakeakito2012:20170805221533j:plain

筆者執筆参加。文芸家26名のポートレイトを収めた写真冊子『著者近影』(松蔭浩之撮影・デザイン/男木島図書館2016年4月発行)は、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店(渋谷)、タコシェ(中野)、NADiff a/p/a/r/t(恵比寿)の店頭などにて、現在手にとって頂けます。

収録文芸家:
青山七恵/池井戸潤/池澤夏樹/冲方丁/大野更紗/金原ひとみ/京極夏彦/窪美澄/沢木耕太郎/篠田節子/高橋源一郎/滝口悠生/谷川俊太郎/俵万智/辻村深月/堂場瞬一/早見和真/平野啓一郎/穂村弘/三浦しをん/道尾秀介/本谷有希子/森村誠一/山田詠美/吉田修一/吉本ばなな